来年の干支は…戌(いぬ)!年賀状を思い出したら今年はラクに作ろう♪

MENU

来年の干支は…戌(いぬ)!年賀状を思い出したら今年はラクに作ろう♪


早いもので2017年もあと少しとなりました。
この時期になると「来年何年だったかな?」
と幼少期に刷り込まれた干支を口ずさむ人も多いのでは無いでしょうか?

 

「子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥」

 

一体いつの間に脳に刷り込まれていたのかは不明ですが
来年は何年?と年末年始にだけその存在感を発揮する
干支が気になる理由の一つとしては年賀状のデザインに使うからでしょう。

 

年賀状は日本発祥の伝統文化ですからね。

 

近年ではその年賀状をネット注文して作る人も増えてきました。

 

ネット上にあるフリーソフトを使うよりも
豊富なデザインとテンプレートが用意されていて

 

自分で作るよりもカンタンで手間いらずという事で
年々人気を高まっています。

 

私も去年から年賀状ネット注文を利用して
今年の干支である酉の年賀状を作りましたが
意外と値段が低価格で設定されており
自分で作るよりも圧倒的にラクでした。

 

このページではおすすめの年賀状ネット注文サイトを
ランキング形式で比較しながら紹介しています。

 

来年の干支であるワンちゃん(戌)の可愛い年賀状を
作りたい方の参考になれば幸いです。

 

ネットで注文する年賀状サイトって?

ネット上にあるフリーソフトよりも質の高い年賀状が作れて
わざわざ有料ソフト(一太郎など)を買わなくても
ネット上で簡単に年賀状作成ができはがきなども込みで
注文できるサイトです。

 

注文サイトで気に入ったデザインを選び
文字の装飾などを決め、作る枚数も決めたら
申し込みボタンを押してそれが届くのを待つだけです。

 

自分で郵便局へ行ってはがきをまとめ買いする手間も
印刷機を使ってプリントする手間もインク代も省けます。

 

私もここ数年ネット注文サイトに
何度かお世話になりましたが自分で制作するよりも
全然ラクでした。

 

それぞれのサイトで来年の干支である戌のデザインが
多く用意されています。

 

またサイトによって売りにしている特徴があるので
用途によってサイトを選ぶのが良いでしょう。

 

厳選!年賀状ネット注文サイト

ネットスクウェア

安くて高品質な年賀状を作るというのが
コンセプトのネット注文サイトです

 

利用した方の口コミを読んでみると
「満足いく年賀状が安くでできた!」
「デザインが見やすくわかりやすかった!」
など高評価の口コミが多数ですね。

 

来年の干支である戌の他にディズニーキャラなど
600種類を超えるデザインが用意されていて
初心者にも見やすいサイト構成になっています。

 

可愛い,カッコイイ,はたまたダンディーな
戌のデザインが多数ありました!

はがき1枚
  52円

送料無料  

 

 

 
いんさつどっとねっと

こちらは干支シリーズだけでなく
有名なアニメのキャラクターが多く見られます。
しまじろう,ディズニーセサミストリート,など可愛いキャラクター達が掲載されています。子供さんがおられる家庭で利用される事が多いみたいです。

 

 

 

はがき1枚
  57円

全国一律500円(税別)  

 

 

 
挨拶状ドットコム

 

総デザイン数800種類以上のテンプレートが用意されており
宛名無料キャンペーンも実施している。

 

来年の干支である戌のデザインを一般の方から
募集してるのでこれから更に戌デザインも増えるでしょう。

 

はがき1枚
    52円

送料無料
※(要会員制)

 

 

 

ネットスクウェアが総合的に1位

ネット注文サイトはそれぞれで特徴があるため
用途や枚数によって決めるのが一番ですが
今回のランキングでは価格やデザインの量、
サイト上で年賀状を作る際の操作のわかりやすさなど
それらの点を考えるとネットスクウェアが1位です。

 

自分が作成しようと思っている枚数とか
利用するデザインとかで結局値段はどれぐらい掛かるのかと
不安を持つ人もネットスクウェアでは
「料金カンタン見積もりサービス」がありますので
そのサービスを利用すればおおよその値段がわかります。
そこで値段を把握してネット注文するのが良いでしょう。

(ネットスクウェア公式サイトへ)

 

豆知識:干支に猫がいない理由は…

 

十二支とは中国から伝わった文化で
日本では1500年前に伝わったと言われています。

 

干支は広く世間に普及させるために
動物になぞらえて伝えられたという説もあります。

 

日本では1月1日元旦の朝に神様のところにきた
動物の順番が干支の順番であると言われていますね。

 

この逸話から「犬猿の仲」ということわざも生まれています。
(凄く仲が悪い関係の事を指す。逸話では神様のところへ行く道中で
犬と猿が喧嘩してしまった結果、両者とも大幅に到着が遅れてしまい
神様のところへ付いても喧嘩は止まなかったという理由から)

 

そして十二支の中に猫が入っていない理由は
ネズミに神様のところへ集まる日にちを騙されたからと書かれています。

 

一番乗りで神様のところにたどり着きたかったネズミは
少しでもライバルを減らそうと猫に集合日の嘘を教え
それにまんまと猫は騙されたわけです。

 

その為元日に神様のところへいかなかった猫は
十二支に入れてもらえずその恨みから
今でも猫はネズミを見つけると襲いかかると言われています。

 

実際猫がネズミを追いかけているところを生で見たことはありませんが
本当に追いかけたりするんでしょうかね?

 

私が家の近くで見る猫は気持ちよさそうに寝ているのが
ほとんどなので…ネズミがきてもスルーしそうです(笑)

(ネットスクウェア公式サイト)